• 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

アルクTOEIC通信講座500点コース本気の口コミ・評判!

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOEIC500点を越えるために作られたアルクのTOEIC通信講座「TOEIC完全攻略500点コース」。

今回は、実際にTOEIC完全攻略500点コースを使った人の口コミ・評判を紹介しつつTOEIC完全攻略500点コースの中身も簡単に解説します。

 

【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン


画像引用元:アルクTOEIC通信講座公式サイト

本題に入る前にアルクTOEIC通信講座の最新キャンペーン情報をお伝えします。

2018年1月25日までにアルクTOEIC通信講座を申し込みした方限定で全額返金保証を受けることができる超お得なキャンペーンが開始されました。

⇒全額返金保証の詳細はこちら

また12月31日までに申し込みされた方にはTOEIC公開テスト1回分(5,725円)もプレゼントされます!

今年最後且つこれまでにない非常にお得なキャンペーンになっていますので、検討されている方はなるべく早めに公式サイトをチェックしましょう!

⇒アルクTOEIC通信講座の公式サイトはこちら

 

アルクTOEIC通信講座(完全攻略)500点コースの口コミ・評判

TOEIC500点コースを受講された方の口コミや評判をまとめました。

口コミ・評判1:内容が充実している

まだ大学1年生ですが、就活のことを考えてTOEICの勉強を始めました。

効率良くスコアを上げたいと思いアルクのTOEIC通信講座を受講しました。

教材の内容はとても充実しています。次回試験が楽しみです。

口コミ・評判2:継続して勉強できるようになった

TOEICでスコアを上げるには継続した勉強が大事だとよく見ますが、実際に続けるのは大変です。

勉強を継続するのが苦手でしたが、この講座はカリキュラムがちゃんと組まれているので、毎日TOEICの勉強ができています

口コミ・評判3:TOEIC600点を超えた

TOEIC430点の時に500点コースを受講しました。解説が丁寧でわかりやすくとても良かったです。

講座受講後受けたTOEICの試験では500点を大幅に越えTOEIC610点を獲得できとても嬉しかったです。

次回は700点を目指します!

口コミ・評判4:超入門コースに続いて受講

超入門コースを受講し英語が苦手だった私でも初めてのTOEIC試験でTOEIC410点を取りました!

個人的にアルクの通信講座はとても良く最終目標でTOEIC600点越え目指しているので超入門コースに続いて500点コースを購入し今500点を超えるため日々勉強中です。

口コミ・評判5:TOEIC580点取得!

半年前に受けたTOEICの試験で300点台をとってしまって、さすがにこのままではまずいと思いました。

そこでアルクの通信講座の評判を見て500点コースを受講したところ3ヵ月後にはTOEIC580点を取りました

前回から280点スコアを上げることができとても驚いています。

【500点コース】口コミ・評判の総評

500点コースの口コミ・評判を実際の利用者からまとめました。

私が見た限り500点コース受講者のほとんどがTOEIC500点を突破していたので、さすがアルクのTOEIC通信講座と言ったところではないでしょうか。

⇒アルクTOEIC通信講座500点コースの中身を見る

 

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コースとは?


画像引用元:アルクTOEIC通信講座公式サイト

TOEIC完全攻略500点コースは、英語教材の質が高いことで有名なアルクが作成したTOEIC500点を越えるための通信講座です。

対象は既にTOEIC400点を越えるスコアを持つ人もしくはTOEIC400点レベルの英語力を持った人に向けて作られた教材です。

3ヶ月間と決められた受講期間内で、TOEIC500点を越える成果を出せるように念密なカリキュラムが組まれています。

TOEIC500点コースのポイント

  •  TOEIC形式の問題を通して英語基礎を築く
  • リスニングで英語を理解できるようになる
  • 文法・構文を学習することで英語読解力を上げる

TOEIC500点コースの内容

  • テキストブック …3冊
  • テストブック(Monthly Test) …1冊
  • コースガイド …1冊
  • ワードブック …1冊
  • ファイナルテスト冊子 …1冊
  • テスト提出回数 …4回
    ※CD(CD版のみ) …8枚
    ※MP3版の音声はダウンロードのみとなります。

アルクのサポートも充実

アルクのTOEIC通信講座は、ただ購入した教材を解き進めるだけでなく、アルク側のサポートも充実しています。

TOEIC完全攻略500点コースの場合、4回のテスト添削だけでなく、日常的にアルクの講師に質問をすることができます。

受講料

TOEIC関連の塾に行くと1コースで10万円以上の費用がかかるのが一般的です。

費用を抑えつつTOEIC500点を越える力が身につくので通信講座はとてもコスパが良いです。

⇒アルクTOEIC通信講座の公式サイトはこちら

 

アルクTOEIC通信講座はあくまでツール!

この記事を読んでいる人はアルクのTOEIC通信講座を検討している人だと思いますが、私から少し厳しいことをお伝えします。

アルクのTOEIC通信講座はあなたのTOEICスコアを飛躍的に上げることができる唯一の教材ですが、購入後はあなたの努力が必要不可欠です。

購入しただけではあなたのTOEICスコアは上がりません。

もしあなたが購入してちょっと勉強しただけでスコアが上がると考えているのであればアルクのTOEIC通信講座にかける費用が無駄になってしまうのでおすすめしません。

アルクTOEIC通信講座はあくまであなたのTOEICスコアを飛躍的に上げるためのツールです。

⇒【公式】アルクTOEIC通信講座の中身を見る

 

アルクTOEIC通信講座をツールとして使いこなせばスコアは自然と上がる!

アルクのTOEIC通信講座をツールとして捉えしっかり継続的に学習できればあなたのTOEICスコアは自然と上がります!

その理由はアルクのTOEIC通信講座の良質な教材を使うことでTOEICスコアアップに必要な正しい勉強法で正しい学習ができるからです。

そして私もアルクのTOEIC通信講座と出会ったおかげでTOEIC280点からTOEIC805点までスコアを上げることができました。

しかしそのスコアアップはけして順調なものではありません。

私もTOEIC学習を始めた時は初心者だったためアルクのTOEIC通信講座に出会う1年前まで書店の参考書だけを使ってTOEIC学習をしていた時期がありました。

しかしその結果1年間約500時間以上勉強してもTOEICスコアが全く伸びず辛い時期を経験しました。

その失った時間はどんなにあがいても返ってきません。

あなたが本気でTOEICスコアを上げたいと想いそしてアルクのTOEIC通信講座をツールとして捉え継続的な努力ができれば最短確実にTOEICスコアを上げることができますよ。

⇒アルクTOEIC通信講座の公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【最新】TOEIC関連教材キャンペーン情報

  • 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

  • 【12/26まで】スタディサプリTOEIC対策クリスマスキャンペーン!
スポンサーリンク

TOEIC学習にアルクの通信講座は必要不可欠!

学校はもちろん就活・転職そして社内でもTOEICで高いスコアを取得することで選択肢が広がります。

TOEICスコア次第で生涯年収が増える可能性も大いにあります。

しかし自己流での独学ではTOEICスコアを大幅に上げることはできません。

私自身TOEICスコアや英語力の上げる方法がわからない時に独学で勉強しましたが全くスコアが上がりませんでした。

しかしスコアが伸び悩んだ時にアルクのTOEIC通信講座を使ったところスコアが上がりTOEIC200点台だった私が最終的にはTOEIC800点を超えるスコアを獲得することができました。

アルクのTOEIC通信講座はTOEICスコアアップには必要不可欠です。

そして現在アルクのTOEIC通信講座にはあなたの目標スコアに応じて以下のコースを受講できます。

【受講可能コース一覧】

アルクTOEIC通信講座超入門コース

アルクTOEIC通信講座500点コース

アルクTOEIC通信講座600点コース

アルクTOEIC通信講座700点コース

アルクTOEIC通信講座800点コース

アルクTOEIC通信講座900点コース

 

アルクのTOEIC通信講座を受講するメリットを簡単にお伝えすると、TOEICスコアを上げられるようカリキュラムがしっかり組まれていて、教材もTOEICスコアはもちろん英語力そのものを上げられるような素晴らしい教材になっています。

もちろんあなたの努力が前提なので購入しただけではTOEICスコアは上がりませんが、TOEICスコアを本気で上げたいと考えている人には最適なTOEIC通信講座だと言えるでしょう。


アルクのTOEIC通信講座の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。