TOEIC通信講座アルクとZ会をわかりやすく比較!

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TOEIC通信講座を購入する際に検討する会社がアルクとZ会だと思います。

結論から言うとZ会よりアルクのTOEIC通信講座の方が優れている点が多く、私はアルクのTOEIC通信講座をおすすめしています。

今回は、私の実体験を踏まえつつZ会と比較しながらアルクのTOEIC通信講座を利用するメリットをお伝えします。

※2019年1月31日までにアルクTOEIC通信講座を申し込むと全額返金保証とTOEIC公開テスト1回分がプレゼントされるキャンペーンが開催中。詳細はこちら


\ アルク通信講座の情報をゲットしよう /

私はZ会ではなくアルクTOEIC通信講座を利用した

結論からお伝えすると私自身はZ会ではなくアルクのTOEIC通信講座を利用してTOEIC200点台からTOEIC800点を超えました。

【私のTOEIC歴】

  • 1年目:大学入学と同時にTOEIC学習スタート、当時のスコアは280点
  • 1年目冬:独学でTOEIC560点まで取得したもののそこから1年以上スコアが停滞
  • 2年目冬:このままではまずいと思いアルクのTOEIC通信講座を利用開始
  • 3年目春:アルクを利用し半年後にはTOEIC640点を取得、さらに半年後にはTOEIC750点までスコアを上げる
  • 4年目:さまざまな困難を経験しながらも諦めず勉強しTOEIC805点を取得

こちらが私のTOEIC歴ですが、上記に記載した通り私がアルクのTOEIC通信講座を利用したきっかけはTOEIC500点台で1年以上スコアが停滞(下がったこともあった)したことでした。

その年独学で500時間以上勉強したのにも関わらずTOEICスコアが全く伸びなかったのは本当に辛かったです。

しかしアルクのTOEIC通信講座を利用して以降はその停滞が嘘のように私のTOEICスコアは伸びました。

⇒アルクTOEIC通信講座でスコアが伸びる理由とは?

 

Z会のTOEIC通信講座


画像引用元:Z会TOEIC通信講座公式サイト

メリット

Z会のTOEIC通信講座のメリットはたった1つで全ての講座が一律21,600円と値段が安いことです。

しかし値段が安いのには理由があります。

デメリット

カリュキュラムが圧倒的に少ない

実はZ会はアルクのTOEIC通信講座に比べて圧倒的にカリキュラム量が少ないのです。

このことがアルクのTOEIC通信講座と値段が異なる1番の理由になります。

せっかくなのでそれぞれの600点コースを例にして比較します。

【Z会】

  • 標準学習期間:3ヶ月間
  • 1コマあたりの平均学習時間:約50分
  • 1週間あたりのコマ数:5コマ
  • 総学習時間:約50時間
  • 費用:21,600円

【アルク】

  • 標準学習期間:3ヶ月間
  • 1コマあたりの平均学習時間:1時間
  • 1週間あたりのコマ数:7コマ
  • 総学習時間:約84時間
  • 費用:38,880円

⇒アルクTOEIC通信講座の教材の中身を見る

 

費用だけ見るとZ会の方が約1万5千円近く安く見えますが、アルクのTOEIC通信講座と比較した場合34時間分ものカリキュラムが減っています。

一般的にTOEICでは100点スコアを上げるためには最低でも300時間以上勉強しないといけないのにも関わらず、これでは少し物足らないように感じます。

この傾向は高得点講座に顕著に表れていて、800点コースの場合Z会はアルクのTOEIC通信講座より50時間以上少ないカリキュラムになっています。

800点コースは、Z会では標準学習期間が2ヶ月間となっていますが、2ヶ月間で且つ50時間程度の学習では絶対にTOEIC800点は超えられないので、Z会の高得点コースには少し疑問を感じます。

ただ既に750点ぐらいある人が、最後の追い込みで少し費用をかけてスコアを伸ばしたいなら良いかもしれません。

アルクのTOEIC通信講座の魅力


画像引用元:アルクTOEIC通信講座公式サイト

TOEICで結果を出せるカリキュラム

アルクのTOEIC通信講座最大の魅力は、カリキュラムに沿って勉強するだけでTOEICスコアの結果が確実に上がるところです。

私自身TOEIC200点台からTOEICの勉強を始めた中でアルクのTOEIC通信講座の600点、700点コースを受講して最終的にTOEIC800点を超えました。

⇒カリキュラムの詳細はこちら

 

英語教材としても質が高い

アルクは英語教材そして通信講座の面では、Z会と比較にならないほど知名度は高く、特に英語系の教材は質が高くて有名です。

そのためアルクのTOEIC通信講座では、TOEICのスコアを上げるだけでなく基礎英語力も同時に上がる教材構成になっています。

⇒教材内容の詳細はこちら

 

アルクのサポートが充実

アルクのTOEIC通信講座はサポートも充実していて、チェックテストの添削だけでなく、常時学習コーチにわからないことを質できます。

⇒サポート体制の詳細はこちら

 

まとめ

費用が安いのには安いなりの理由があります。

購入するときは今の状況を考慮しつつ、どちらの通信講座を選ぼうとも数万円の費用はかかるので後悔だけはしないでくださいね。

 


TOEIC対策ツール売筋ランキング! ※集計期間:2018年11月1日〜11月30日


\ アルク通信講座の情報をゲットしよう /

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。