0から始めるTOEIC勉強法!最短3ヶ月で500点突破も可能!

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TOEICは0から始めてもやり方さえ間違えなければ必ずハイスコアを取れる試験です。

就職・転職・留学など目的はさまざまだと思いますが、これからTOEICをチャレンジしたいというTOEICそして英語初級者の方向けに0から始めても3ヶ月でTOEIC500点を超えられるような勉強法を立案しました。

ちなみに私自身はTOEIC280点からTOEIC805点を超えた実績があります。


\ アルク通信講座の情報をゲットしよう /

0から始めるTOEIC勉強法


画像引用元: TOEIC公式サイト

TOEICスコアを上げるために必要な勉強要素

oからTOEICスコアを上げるために必要な勉強は大きく言えば英語の基礎学習なのですが、細かく分けると以下の要素を同時に勉強する必要があります。

  • 英単語・英熟語
  • 英文法
  • 長文読解
  • リスニング
  • TOEIC形式の問題対策

この5つの要素の力を高めていなかければTOEICスコアは上がりません。けっこう大変ですよね。

英語初心者の方にありがちなのがまずは単語からなどこの要素の1つに固執して勉強してしまい他の4つ要素の勉強が全然できずTOEICを受けても低いスコアが続き最終的にモチベーションがなくなり諦めるパターンが大半の失敗例です。

この失敗例を回避するためにも効率よく全体を学習でき且つTOEICのスコアを上げられるノウハウが詰まっている教材を0からTOEICを始める方でも使う必要があります。

 

正しい勉強法ができる教材への投資

TOEIC学習をするにはそれなりの教材への投資が必要になります。

全くお金をかけずたとえば高校の時に学校からもらった参考書で英語学習をしていてもほぼ100%失敗します。

あとは数年前なら私もTOEIC初心者の方に対して本屋の優良参考書を使って勉強することを推奨していましたが、本屋の参考書は基本的に分野別参考書かTOEICの演習形式の問題集になってしまうので0からTOEICを始める方にはおすすめしません。

さらに0からTOEICを始める方はモチベーション維持もとても難しく自宅の椅子に座って闇雲に参考書を使ってなんとなくTOEIC勉強していてもだんだん飽きてしまい最終的にはTOEICを諦めたなんてことも起こりえます。

その状況を回避しつつ先程お伝えした5つの要素を同時に学習できる画期的なツールがあります。

それがリルクートが運営するスタディサプリTOEIC対策コースです。

 

初心者はスタディサプリで型を作るべし


画像引用元: スタディサプリENGLISH公式サイト

0からTOEICを始める方にこれ以上うってつけの教材はないと言っても過言でないスタディサプリTOEIC対策コース。

スタディサプリTOEIC対策コースは私がお伝えした5つの要素を同時に学習することができます

特に優れている点がTOEIC形式の問題を解きながら英語の基礎学習をすることができ、さらに各問題ごとにTOEIC業界の有名講師関先生の解説動画もセットで用意されているので初心者でもなんでその問題が正解なのかを簡単に理解することができます。

さらにモチベーション維持のための機能も豊富にあります

このスタディサプリTOEIC対策コースを1日1時間以上日々徹底して使うことで0からでも3ヶ月間でTOEIC500点突破も難しくないでしょう。

それぐらい優れています。

料金も月額参考書代1冊分なので、TOEIC初心者の方で教材投資に億劫になっている方でも使いやすいはずです。

またこのスタディサプリTOEIC対策コースでは7日間の無料体験もできるので是非その無料体験を通してスタディサプリを体験してみて欲しいです。

⇒スタディサプリTOEIC対策コースの無料体験はこちら

 

スタディサプリTOEIC対策コースの紹介動画

こちらはスタディサプリTOEIC対策コースの紹介動画です。

合わせてチェックしてみてください!

⇒スタディサプリTOEIC対策コース利用者の体験談はこちら

 


【チェックすべきTOEIC対策ツール】

アルクTOEIC通信講座 ※最も売れているTOEIC通信講座。スコア別対策が可能。

スタディサプリTOEIC ベーシックプラン ※スマホでTOEIC学習ができる。無料体験あり。

スタディサプリTOEIC パーソナルコーチプラン ※3ヶ月で200点アップも可能なコーチングプラン。無料体験あり。



\ アルク通信講座の情報をゲットしよう /

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。