• 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

TOEICで転職が有利になる!スコア次第で年収も上がる?

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOEICが注目されるようになった理由の1つが、会社への入社時の選考でTOEICスコアを利用する会社が年々増えてきているからと言われています。

新卒時代のいわゆる就活もそうですが、それは転職市場でも同じことが言えるでしょう。

今回は、TOEICスコアと転職・年収について関係性そしてTOEICスコアが活かせる転職サイトをご紹介します。

TOEICハイスコアは転職で有利

結論をまずお伝えするとTOEICでハイスコアをもっている人は有利になります。

企業側から見た場合、人口減少によりこれから国内市場に限りが見えてくる中で海外進出する上で英語ができる人材の確保は必須です。

TOEICハイスコア=英語が実用的なレベルで使えることにはなりませんが、TOEIC受験したこともないもしくは低いスコアの人が英語を使えないのは明白です。

少なくてもTOEICで一定以上のスコアがあれば、英語を実用的に使える素養はあると判断され転職時に有利になれます。

6割以上の企業がTOEICスコアを利用


出典:上場企業における英語活用実態調査」報告書

こちらは数年前のデータになりますが、6割以上の企業が日本に数ある英語試験の中でTOEICを利用しています。

昔から存在する英検があまり使われないのは意外ですよね。

しかしそれには理由があり、TOEICはビジネスで使う英語を前提に作られているからです。

また企業以外にも日本中の多くの学校(特に大学)でもTOEICが使われるようになり、TOEICが日本人にとって馴染みのあるものになってきたからこそ結果的に就活や転職時にTOEICを重視する企業が年々増えています。

TOEICスコアと年収の関連性


出典:英語力・TOEICと転職決定年収・転職決定率の関係

そしてみなさんが気になるTOEICと年収の関係性ですが、まずこのグラフを見てください。

これはTOEICスコアと転職決定時の年収のデータを表にまとめたものです。

3つの線(上級・中級・初級)は実用的な英語スキルのレベルです。

このグラフから読み取れる通り実用的な英語力が高い人は転職決定時に高額な年収に決まるケースが多いですが、逆にいくらTOEICのスコアが高いからといって、年収が高くなることはないです。

しかし実用的な英語力を持ちかつTOEICハイスコアを取得しているのであれば、確実に年収が高くなるので、TOEICスコアが高いことで転職選考時に条件面でも有利になる可能性は非常に高いです。

転職で大事なのは実用的な英語


出典:上場企業における英語活用実態調査」報告書

新卒の就活時では実用的なスキルよりポテンシャルで採用されるので、スコアの数値は絶対ですが、転職の場合一定以上のスコアを獲得したらTOEICスコアを高めるより実用的な英語学習をした方が懸命だと言えます。

しかし私の経験上一部の特殊な事例を覗く実用的に英語を使える人はTOEIC600点以上を確実に持っています。

仮に実用的な英語力が高くても、TOEIC600点以下の場合採用担当者からできないと思われる可能性が高いので、確実にTOEIC600点は超えたいところです。

でもTOEICを活かせる転職サイトは限られている

英語教師や翻訳家など英語を専門に扱う職業を除いたら、TOEIC600点以上のスコアを獲得できた時点でTOEICスコアが転職にもたらす優位性は発揮できます。

もしあなたが既にTOEIC600点以上のスコアを持っているのであれば、今まで仕事で得たスキルを組み合わせて堂々とさまざまな企業に挑戦することをおすすめします。

しかしTOEICを重視している企業の求人案件を多く持つ転職サイトでなければTOEICで転職で有利になることはありません。

残念ことに現在TOEICスコアを活かせる転職サイトは日本に数サイトしかありません。

その中で抜群の知名度と実績があるのがリクルートが運営するリクルートエージェントです。

⇒リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

転職でTOEICを評価している企業に出会えるリクルートエージェント


画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

TOEIC600点以上を取得し転職に望もうとしても、転職活動時にTOEICを評価している企業に出会わなければなにも意味がありません。

そこでおすすめしたいのが、グローバル日系大手企業を筆頭に日本で最も求人数が多くまた転職サポートも充実しているリクルートエージェントです。

リクルートエージェントのすごいポイント

人材業界ではもっとも有名なリクルートが、転職者向けに行なっている無料の転職サポートサービスです。

そのリクルートエージェントのすごいポイントはこちら!

  • 転職業界実績ナンバー1
  • 質の高い転職コンサルタント多数
  • 非公開求人10万件以上

名前を聞いただけで転職実績ナンバー1は想像つきますが、10万件を超える非公開求人には驚きました。


画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

またリクルートエージェントは国内企業だけでなく外資企業の求人も非常に多いため、TOEICでハイスコアを持ち英語力が高い人にはさまざまなチャンスを見つけることができます。

リクナビNEXTとは全く別物


画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

一見同じ転職サービスだと思われがちですが、リクナビNEXTとリクルートエージェントは全く異なるサービス形態のため、仮にリクナビNEXTに既に登録していたとしても、別途リクルートエージェントに登録しなければ利用することはできません。

リクナビNEXTとリクルートエージェントでは求人数が10倍以上違うので、転職を考えているのであれば必ず登録したいサービスです。

リクルートエージェントの使い方

1:無料登録する

まずはリクルートエージェントに無料会員登録をします。

登録は約15分ほどで終わります。登録はもちろん利用料全て無料です。

2:メールもしくは電話にて連絡が来る

後日リクルートエージェントから転職に関する求人情報などがメールで送られてきます。

求人に興味があるもしくはキャリアアドバイザーと面談をしたい時のみ返信してください。

3:キャリアアドバイザーと面談(面談は希望者のみ)

面談を希望した場合、実際にリクルートエージェントに行き専任のキャリアアドバイザーと面談し年収や希望業種などの条件面を詳しく相談します。

またよりあなたに合った求人紹介や選考までの面接対策などありとあらゆる転職サポートを受けることができます。

4:企業へ応募

興味がある求人に対して応募します。

5:内定

希望企業から内定をもらい転職活動です。

また入社日の調整等はすべて専任のキャリアアドバイザーが行なってくれます。

まとめ

TOEICスコアは、転職や転職決定時の年収等の条件面で有利になるのはデータ上明白です。

しかしそれを活かせる転職サイトを使わなければ意味がありません。

TOEICスコアを活かすためにも今回ご紹介したリクルートエージェントへの登録はおすすめします。

⇒リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【最新】TOEIC関連教材キャンペーン情報

  • 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

  • 【12/26まで】スタディサプリTOEIC対策クリスマスキャンペーン!
スポンサーリンク

TOEICスコアで転職が有利になる!

転職は新卒採用時とは異なりTOEICスコアだけで最終面接に進んだり内定が出ることはありません。

しかしTOEICスコア次第であなたの転職が有利になることは間違いのない事実です。

最低でもTOEIC600点以上からその効果は発揮できTOEIC800、900点を取得し同時に仕事の能力もアピールできたら年収1,000万円以上の企業に入社することも夢ではありません。

日本企業も今まで以上にグローバル化が求められる中、語学ができる人材は必要不可欠です。


TOEICが活かせる転職サイトはこちら

SNSでもご購読できます。