TOEICおすすめリーディング参考書&問題集ランキング(新形式対応あり)

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最新版のTOEICリーディング(Part7)スコアを上げるために役立つTOEIC参考書&問題集(新形式対応あり)をランキング形式でまとめました。

リーディングはとにかく解答スピードと正確性が必要になります。

私もアルクTOEIC通信講座に加えていくつかのリーディング問題集を同時に取り組んでいました。

TOEICのリーディング参考書&問題集を探している人は参考にしてください。


スポンサーリンク

TOEICおすすめリーディング参考書&問題集ランキング(新形式対応あり)

1位:TOEIC(R) L&R テスト パート7攻略

今Amazonで最も売れているPart7に特化した参考書です。

Part7のスコアを上げる極意が学べます。

2位:新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 7 読解)

TOEIC600点以上を目指す人でPart7が苦手な人はまず持ちたい参考書です。

この参考書でTOEICスコアを上げた人が続出しています。

3位:1駅1題! TOEIC L&R TEST 読解特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

4位:新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編

3、4位は特急シリーズ。

通学や通勤といった移動時間でも効果的にPart7の学習ができます。

また解説もかなりわかりやすいのでおすすめです。

5位:TOEICテスト パート7の長文がスラスラ読めるようになる本 (中経出版)

この参考書は旧形式の参考書になりますが、解説がわかりやすいので有名な参考書です。

基本的に上記で紹介した参考書で足りると思いますが、もしPart7対策をもっとやりたいという人にはいいかもしれません。

まとめ

リーディング、Part7に特化した参考書&問題集はかなり少ないですが、Part7でTOEICリーディングスコアに大きく差が生まれます。

Part7もきちんと対策をしましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TOEIC学習にアルクの通信講座は必要不可欠!

学校はもちろん就活・転職そして社内でもTOEICで高いスコアを取得することで選択肢が広がります。

TOEICスコア次第で生涯年収が増える可能性も大いにあります。

しかし自己流での独学ではTOEICスコアを大幅に上げることはできません。

私自身TOEICスコアや英語力の上げる方法がわからない時に独学で勉強しましたが全くスコアが上がりませんでした。

しかしスコアが伸び悩んだ時にアルクのTOEIC通信講座を使ったところスコアが上がりTOEIC200点台だった私が最終的にはTOEIC800点を超えるスコアを獲得することができました。

アルクのTOEIC通信講座はTOEICスコアアップには必要不可欠です。

 


アルクのTOEIC通信講座の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

【3ヶ月でTOEIC250点アップの実績】
スタディサプリTOEIC対策コース!
⇒1週間の無料体験はこちら