TOEIC対策にも効果的なアルクのヒアリングマラソン

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TOEICスコアを上げるためにリスニングの力を伸ばすことは非常に重要です。

しかし普段からTOEICに関連する教材を使ってのリスニング学習だけだと次第に飽きがきてしまいますよね。

そこで今回は、楽しくリスニング学習ができTOEICリスニング対策にも役に立つヒアリングマラソンをご紹介します。

TOEICリスニングスコアを上げたい人にはおすすめ教材です。


\ アルク通信講座の情報をゲットしよう /

リスニングに集中することでTOEICスコアは簡単に上がる!

ヒアリングマラソンを紹介する前にTOEICでリスニングを重点的に学習することの大切さをお伝えします。

他の記事でも書いた内容になりますが、TOEICは1問〜点と決まった点数ではなく、あなたの正答率で決まります。

より簡単な表現に言い換えるのであれば偏差値で点数が決まると思ってください。そしてその特性から全問正解をしなくても満点を取ることができるのがTOEICという試験です。

特にリスニングは日本人が苦手とする分野でリスニングができる人とできない人の差は大きいです。

そのため比較的多くの問題に正解できれば、予想以上にTOEICリスニングスコアは伸びます。

私もこのTOEICの性質には気づいていたので、TOEIC700点を超えたタイミングからリスニング学習に集中しTOEIC805点を取得した時のリスニングスコアは495点満点中の445点でした。

逆にリーティングはだれもが中学生の時から学習してきたこともありリスニングほど差がないため、私の感覚ですが全問正解しないと満点は取れない、つまり短期間で大きくスコアを伸ばすことは非常に難しいです。

そしてそのリスニング力に特化して学習できる教材且つ使用者の多くがTOEICでも結果を出している教材がアルクのヒアリングマラソンなのです。

⇒ヒアリングマラソンの中身を見る

ヒアリングマラソンとは?

ヒアリングマラソンとは

ヒアリングマラソンは一定以上の英語レベル(TOEIC550点以上もしくは英検2級以上相当のレベル)の人を対象とした徹底的にリスニング力を鍛えるために作られた日本で1番売れているアルクのリスニング通信教材です。

そのヒアリングマラソンの最大の特徴は他の教材では経験できない量のリスニング量です。

毎月新しく作られた教材が自宅に届くのでその教材を使いながら徹底的にリスニング力を鍛えていきます。

教材の内容も最近の話題を取り入れられて作られているので楽しくリスニングをすることができます。

ヒアリングマラソン受講の流れ

ヒアリングマラソンの受講の流れを簡単に説明します。

  1. 毎月9日前後に教材が届く
  2. 10日から新しい教材で学習開始
  3. 月の終わりにマンスリーテストを受験

基本的には上記の流れを毎月繰り返しながら日々少しづつリスニング力を高めていきます。

毎月届く教材の中身

  • 「コースガイド」 1冊(初回のみ)
  • 『マンスリーテキスト』 1冊
  • 「マンスリーCD」 1枚
  • 「テストCD」 1枚
  • 副教材 『ENGLISH JOURNAL』(CD付き) 1冊
  • 「マンスリーテストHEMHET」(採点サービス付き) 1回

⇒教材の詳細こちら

 

ヒアリングマラソンのコース

ヒアリングマラソンは、6ヵ月コースと1年間コースがありますが、基本として1日3時間かけて学習し1年コースの場合年間で1000時間のリスニングをするようカリキュラムが組まれています。

※上記の2コース以外にも英語初心者向けやビジネスマン向けのヒアリングマラソンもあります。

英語のリスニング力を上げる1番の方法がリスニング量を増やすことで、リスニング量が増えるほどリスニング力が上がります。

TOEIC学習をする上でヒアリングマラソンの効果的な使い方

そしてそのヒアリングマラソンを利用したTOEICスコアを上げるための私個人としておすすめ方法をご紹介します。

ヒアリングマラソンは、1日3時間と相当なリスニング量をカリキュラムに組まれていますが、TOEIC学習と並行し別途3時間ものリスニング学習をすることは非常に難しいです。

そのため私はヒアリングマラソン6ヵ月コースを購入し1日1時間前後ヒアリングマラソンを使って学習するように切り替えました。

そうすることでTOEIC学習をしながらTOEICとは違った形で気分晴らしを兼ねてリスニング学習を楽しくできたので、この方法が私にとってはすごく効果的で私がTOEIC800点を越えるために非常に役立ったと思います。

⇒ヒアリングマラソンのカリキュラムを見る

ヒアリングマラソン利用者の口コミ

口コミ1:評判通りの最高のリスニング教材

仕事で海外駐在が決まったのに合わせてリスニングマラソンを買いまいた。

リスニングマラソンの内容は時事問題など最近の話題に触れた内容が多く、とても楽しく英語学習をすることができました

まさに評判通りのリスニング教材です!

口コミ2:TOEIC830点を取得

TOEICリスニングスコアを上げるためにヒアリングマラソンを使って勉強しました。

文法や読解は比較的得意だったのでヒアリングマラソンをメインでリスニング学習に没頭したところ1年間で160点スコアを上げTOEIC830点を取得しました!

口コミ3:TOEIC Part3、Part4対策に効果的

ヒアリングマラソンを使って半年ほど経ちますが、以前とても難しく感じたTOEIC Part3とPart4がとてもゆっくりに聞こえるようになり、正答率も大幅に上がりました。

年間コースを受講しているのでまだ全カリキュラムは終了していませんが、現時点でスコアを100点上げられたのでさらに半年後のスコアが楽しみです

口コミ4:TOEICでリスニングスコアが150点上がった!

昨年までTOEIC500点台でしたがヒアリングマラソンを使い結果的にTOEICリスニングスコアを150点上げトータルスコアもTOEIC700点を超えることができとても嬉しかったです!

口コミ5:国内学習でこれ以上の英語教材はない

まだTOEIC600点台でしたが、次の年に海外留学を控えていたのでヒアリングマラソンを取り組みました。

初めは大変でしたが、留学のためにも挫折するわけには行かなかったので必死に毎日続けました。

その結果留学前にはTOEIC700点も超え、海外の映画やドラマで話されている英語も以前に比べてだいぶ聞けるようになりました。

書店の教材では物足りないと感じてヒアリングマラソンを使いましたが、書店の参考書とは比較にならないほど素晴らしい教材です。

リスニング力を上げたいと考えている人にはおすすめしたい

 



ヒアリングマラソンを受講するなら続ける決意を!

他の教材でも同じことが言えますが、ヒアリングマラソンは英語リスニング力を飛躍的に伸ばすためにツールです。

そのためヒアリングマラソンを購入しただけでは当たり前ですが力は身につきません。

ヒアリングマラソンは、月間ベースで換算すれば数千円ですが初回購入時に数万円の費用がかかります。

せっかくヒアリングマラソンを購入しても家に置いておくだけでは、ヒアリングマラソンにかけたお金が無駄になってしまいます。

そのためヒアリングマラソンを購入したら、なにがなんでも学習を継続させましょう!

無事完走できたら、あなたの英語リスニング力は飛躍的に向上しているでしょう。

ヒアリングマラソンは受講開始日が固定されている

またヒアリングマラソンを検討している人で注意しなくてはいけないことが1点あります。

それはヒアリングマラソンはアルクの他の通信教材とは違い受講開始日つまり申し込み期限が毎月固定されています

その理由は、ヒアリングマラソンの教材は毎月新たに教材が作成されているためです。

申し込み期限は毎月25日までで、25日までに申し込みをした人は翌月の頭に教材が届き順次受講を開始します。

仮に25日をすぎて注文をしてしまうと最悪再来月からのスタートになってしまうので、ヒアリングマラソンを受講する場合は時期もしっかり考えましょう。

 


TOEIC対策ツール売筋ランキング! ※集計期間:2018年11月1日〜11月30日


\ アルク通信講座の情報をゲットしよう /

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。