• 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

TOEIC800点、900点で転職が有利になるのは大嘘?

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOEICで転職が有利になるのは確かな事実です。

しかしあなたはTOEICスコアが800点、900点ないと有利にならないと思っていませんか?

たしかにTOEICでハイスコアを持っていること自体で転職が有利なるケースは増えますが、必ずしもTOEICハイスコアがなければ有利にならないということではありません。

今回は、転職においてのTOEICの真実をお伝えします。

転職は新卒の就活とは違う

まず前提に新卒の就活と転職では大きく異なります。

新卒の就活生はまだ仕事の経験がないので学歴やTOEICのスコアを見ながらポテンシャルを見極めて採用が決まります。

そのため新卒の就活でTOEICスコアは大きな意味があり、そのスコア自体で就活が有利になります。

現に私も在学していた大学は偏差値50を少し超えたぐらいの中堅大学の学生でしたが、TOEIC800点を超えていたのでANAやJALのような大企業の総合職の採用試験でも足切りされず面接をしてくれました。

しかし転職は違います。

転職活動で最も重視されるのがあなたの仕事スキルです。

その上で一定以上のTOEICスコアや実用英語力があることで転職がより有利になります。

ようするにTOEICのスコアだけで採用が決定することがありえません。

TOEICスコア以上に実用英語力が大事


出展:http://www.jac-recruitment.jp/service/customer/report/global/gwmr008.pdf

上記に掲載したグラフがJAC Recruitmentという日本で唯一グローバル大手企業・外資企業に特化した転職サイトを運営する会社がTOEICスコアと転職に関してリサーチを行った結果の1つです。

このグラフは、TOEICスコア・英語実用力と転職決定率に関してのデータですが、実用英語力(グラフの初級・中級・上級)が高い人は転職の決定率が上がりますが、仮にTOIECスコアが高くても実用英語力が低い場合採用率が下がります。

転職においてはTOEICスコア以上に実用英語力が最も大切だと言えるでしょう。

しかし私の周りもそうですが、実用英語力が高い人でTOEIC700点を下回っている人は見たことがありません。

実用英語力が高い人にとってTOEICは簡単な試験なため容易に700点、800点、900点を取ります。

逆にいくら実用英語力が高くてもTOEICスコアを持っていない人はその力を証明するものが無いため転職で有利になるケースは減るでしょう

そのため結果的見るとTOEICスコアが高い人が転職が有利になり、あなたの英語力を第3者に示す証明としてTOEICスコアは必要なのです。

実用英語力が無くてもTOEIC600点以上で有利に!

ここまでお伝えした内容だと「結局TOEICスコアも低く実用英語力がない人はTOEICで転職で有利になることを諦めないといけないのか?」と考えてしまう人がいると思います。

しかしそんなことはありません。

繰り返しお伝えしますが、転職で最も大事なのは仕事のスキルです。

そのため仕事でアピールするものがあればTOEICは600点以上で転職が有利になります。

再度JAC Recruitmentのグラフデータを確認してほしいですが、実用英語力初心者でTOEIC600点〜699点の転職決定率が大きく伸びています。

その理由は、TOEIC600点はTOEICスコアとして見ればけして高いスコアではないですが、今後の伸び代を感じさせるスコアだからです。

少子高齢化で日本市場の需要が減っている中で企業はグローバル人材になれる可能性がある人材を求めています。

TOEIC600点あれば十分にその可能性が示せます。

またTOEIC600点を越えると今まで受けることができなったグローバル大手企業の採用試験も受けることができますよ。

私はアルクのTOEIC通信講座を利用しTOEIC280点からTOEIC805までスコアを上げましたが、アルクのTOEIC通信講座は教材やカリキュラムがかなりしっかりしているので、忙しい社会人でも利用すれば短期間でTOEIC600点を取ることも可能でしょう。

⇒【公式】アルクTOEIC通信講座の中身を見る

 

これから人生初めての転職活動をする人へ

これから人生初めての転職活動をしようと考えた人にまず登録してほしいサイトがリクナビNEXTです。

転職エージェント系のサイト(リクルートエージェント、JAC Recruitmentなど)は、本格的に転職活動をする人向けに作られているので登録後にエージェントと面談などがあります。

もちろん実際に転職活動をする際には必須のサイトですが、まだ本格的にいつから転職活動を始めるか決まっていない人には「そこまでは必要ない」と感じると思います。

しかしリクナビNEXTは新卒就活時に利用したリクナビやマイナビのように無料登録して転職求人をサイト上で見るだけが基本になります。(もちろん応募もできる)

そのためリクルートから電話などはかかってこなく気軽にだれもが使えるところがメリットです。

また任意で適職診断(グッドポイント診断)やオファーメールを受け取ることもできます。

無料会員登録も5分あればできるので、いつか転職してみたい!と考えている人はぜひリクナビNEXTを覗いてみてください!

⇒リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【最新】TOEIC関連教材キャンペーン情報

  • 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

  • 【12/26まで】スタディサプリTOEIC対策クリスマスキャンペーン!
スポンサーリンク

TOEICスコアで転職が有利になる!

転職は新卒採用時とは異なりTOEICスコアだけで最終面接に進んだり内定が出ることはありません。

しかしTOEICスコア次第であなたの転職が有利になることは間違いのない事実です。

最低でもTOEIC600点以上からその効果は発揮できTOEIC800、900点を取得し同時に仕事の能力もアピールできたら年収1,000万円以上の企業に入社することも夢ではありません。

日本企業も今まで以上にグローバル化が求められる中、語学ができる人材は必要不可欠です。


TOEICが活かせる転職サイトはこちら

SNSでもご購読できます。