• 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

【転職】TOEIC700点以上で好条件の求人を紹介してもらえる転職サイト

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職においてはTOEICスコアも大事ですが、それ同時に実用英語力(英語でのコミュニケーション・仕事)が大切とお伝えしました。

それゆえ実用英語力がない場合TOEICスコアで転職が有利なれる転職サイトは少ないのが現状ですが、唯一リクルートエージェントのみTOEICスコアだけであなたが有利になれる転職求人を紹介してくれます。

TOEICを重視してくれる転職サイトを比較

TOEICに最も重視している転職サイトはリクルートエージェントとJJAC Recruitmentです。

この2つの転職サイトには大手グローバル企業や外資系企業の求人が多いため自然とTOEICを重視している求人が多いですが、リクルートエージェントとJAC Recruitmentでは大きな違いがあります。

それはTOEICスコアの重視の度合いです。

JAC Recruitmentは、実用英語力に比重を置いた求人が多くスコアはあくまで実用英語力の証明と考えている企業求人が多いのに対して、リクルートエージェントはスコア自体に重きを置いた求人が多いです

その理由はJAC Recruitmentは外資企業や国内企業でもダイレクトに海外で働く求人が多く、リクルートエージェントはグローバル企業でもまず国内で働く求人が多いからです。

もしあなたのTOEICスコアが高くても実用英語力があまり低い場合、リクルートエージェントを利用するのが最適だと言えます。

⇒リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

TOEIC700点以上で求人の幅が大きく広がる


画像引用元:iibc

転職活動にて一般的にはTOEICスコア600点以上から紹介される求人の幅が広がるので、まずはTOEIC600点をクリアしたいところです。

そしてもちろんTOEICのスコアが700点・800点と上がるに次第転職活動はより有利になります。

私のTOEICスコアで転職を成功させた友人伝えの話になりますが、リクルートエージェントではTOEIC700点以上から紹介される求人の質(年収や福利厚生)が良くなるとの話を聞きました。

私自身もTOEIC805点というスコアでリクルートエージェントの転職サポートを利用したことがありますが、予想以上に私が希望している企業や年収に近い求人をたくさん紹介してもらいました。

リクルートエージェントの登録方法

そして今回取り上げているリクルートエージェントですが、非常に簡単に登録ができ、誰もが無料で利用することができます

1:リクルートエージェント公式サイトにアクセス


画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

2:無料登録ボタンを押し転職基本情報を入力


画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

3:氏名や住所などプロフィールを入力


画像引用元:リクルートエージェント公式サイト

最後に確認画面に移りリクルートエージェントへの登録は完了です。

その後メール・面談などを通して希望の転職を叶えてくれるサポートを内定が決まるまで無料で行ってくれます。

⇒リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【最新】TOEIC関連教材キャンペーン情報

  • 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

  • 【12/26まで】スタディサプリTOEIC対策クリスマスキャンペーン!
スポンサーリンク

TOEICスコアで転職が有利になる!

転職は新卒採用時とは異なりTOEICスコアだけで最終面接に進んだり内定が出ることはありません。

しかしTOEICスコア次第であなたの転職が有利になることは間違いのない事実です。

最低でもTOEIC600点以上からその効果は発揮できTOEIC800、900点を取得し同時に仕事の能力もアピールできたら年収1,000万円以上の企業に入社することも夢ではありません。

日本企業も今まで以上にグローバル化が求められる中、語学ができる人材は必要不可欠です。


TOEICが活かせる転職サイトはこちら

SNSでもご購読できます。