• 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

転職活動においてTOEICスコアの有効期限はない

                    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOEICスコアに有効期限があると思っている方多いのではないでしょうか?

特に転職活動の場合履歴書にはスコアの取得年月を記入しなければならないので、数年前に取得したスコアだと効果がないと思っていませんか?

しかしそんなことはありません。

今回は、有効期限を中心に転職活動におけるTOEICスコアについてお話します。

TOEICスコアの有効期限はない

転職活動でTOEICスコアを活かそうと考えている人以外でも全てのTOEIC学習者が気になるTOEICスコアの有効期限ですが、TOEICスコアに有効期限はありません。

TOEICが知名度を上げるにつれて「TOEICスコア有効期限2年説」というのが噂で広まりましたが、その情報は誤った情報です。

この2年という数字はTOEICスコアの公式認定書を再発行する場合の有効期限です。

その情報をだれかが誤って解釈してTOEICスコア有効期限2年説が広まったと考えられます。

TOEICも公式で有効期限があるなんていう情報を発信したことはありません。

そのため今あなたがお持ちのスコアはどんな場面でも有効です!

TOEICスコアに関して転職活動で注意すべきこと

上記でお伝えした通りTOEICスコアには有効期限がないため、数年前に取得したTOEICスコアでもあなたがお持ちの最高点を履歴書にかけます。

そしてそのTOEICスコア次第では採用試験を受けることができる企業は間違いなく増えるでしょう。

しかし英語関係で転職ではもっとも大切なことはTOEICスコア以上に実用英語力です。

実際に外資系転職サイトで有名なJACが行った調査では、いくらTOEICスコアが高くても実用英語力(英語を使ってコミュニケーションや仕事ができる)が低い場合採用で有利にならないケースが多いとの調査結果が出ています。

そのためTOEICスコアが高い=採用で決定とされるこはまずありません。

ただし実用英語力が高い人にとってはTOEICは簡単な試験なためTOEICスコアで700点、800点、900点を取っている人が大半なのも事実です。

しかし仮に実用英語力が低くてもTOEICスコアが高い場合あなたの基礎英語力の高さは証明できます。

入社後の努力次第では実用英語力が他の社員に比べればかなり早く伸びることを面接で伝えるだけでも印象は大きく違います。

それゆえ実用英語力が低いからTOEICのハイスコアなんて意味がないなんてけして思わないでくださいね。

選考はもちろん求人を選ぶ段階でTOEICスコアが低い人に比べればTOEICでハイスコアを持っているだけでも転職活動で高待遇を受けられるのも事実です。

これから人生初めての転職活動をする人へ

これから人生初めての転職活動をしようと考えた人にまず登録してほしいサイトがリクナビNEXTです。

転職エージェント系のサイト(リクルートエージェント、JAC Recruitmentなど)は、本格的に転職活動をする人向けに作られているので登録後にエージェントと面談などがあります。

もちろん実際に転職活動をする際には必須のサイトですが、まだ本格的にいつから転職活動を始めるか決まっていない人には「そこまでは必要ない」と感じると思います。

しかしリクナビNEXTは新卒就活時に利用したリクナビやマイナビのように無料登録して転職求人をサイト上で見るだけが基本になります。(もちろん応募もできる)

そのためリクルートから電話などはかかってこなく気軽にだれもが使えるところがメリットです。

また任意で適職診断(グッドポイント診断)やオファーメールを受け取ることもできます。

無料会員登録も5分あればできるので、いつか転職してみたい!と考えている人はぜひリクナビNEXTを覗いてみてください!

⇒リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【最新】TOEIC関連教材キャンペーン情報

  • 【1/25まで】アルクTOEIC通信講座全額返金保証キャンペーン!

  • 【12/26まで】スタディサプリTOEIC対策クリスマスキャンペーン!
スポンサーリンク

TOEICスコアで転職が有利になる!

転職は新卒採用時とは異なりTOEICスコアだけで最終面接に進んだり内定が出ることはありません。

しかしTOEICスコア次第であなたの転職が有利になることは間違いのない事実です。

最低でもTOEIC600点以上からその効果は発揮できTOEIC800、900点を取得し同時に仕事の能力もアピールできたら年収1,000万円以上の企業に入社することも夢ではありません。

日本企業も今まで以上にグローバル化が求められる中、語学ができる人材は必要不可欠です。


TOEICが活かせる転職サイトはこちら

SNSでもご購読できます。